プロスピA 俺の球場飯は累計後も走るべき?効率の良い進め方は?

俺の球場飯はプロスピAのイベントの中でも中々良いイベントだと思います!

 

イベントの累計報酬にはSランク契約書もありますし、何よりこのイベントの最大のメリットである選手コラボが熱いです!

 

俺の球場飯の攻略のポイントと、果たしてエナジーを使ってでも走るべきイベントなのかどうかを説明していきます。

 

スポンサーリンク

基本的な進め方

1 コラボ選手を選択する

ここで選ぶ選手はリーグオーダーに将来入るような育成中のSランクの選手がいいでしょう。

 

2 「食材」を手に入れるを選ぶ

試合をして食材を手に入れます。

活躍ゲージによって手に入る食材の量が増えたり、レア度が上がります。

 

3 「球場飯」を作る。

そして最後に手に入れた食材を使って球場飯を作ります。

 

4 1〜3を繰り返す

上記の作業を繰り返し行い、45種類全ての料理を作りましょう。

 

自操作or自動

自操作自動試合ではどれぐらい入手できる食材に差があるのでしょうか?

 

ますば自動試合です。

たったこれだけです‥

 

一方自操作で試合をした場合は‥

最高でここまで貰えます。

 

僕は圧倒的に自操作をオススメします!

 

球速とリリース変化の設定ははONにするかOFFにするか?

球速UPとステルスピッチをONにすると難易度が上がる代わりに、食材が+1されます。

 

腕に自信が無ければこちらは無理にONにしなくてもいいでしょう。

 

コラボ選手に設定した選手はどうなるの?

球場飯を作った時に選手コラボが発生します。

 

選手コラボの効果は

  • 経験値が1500増える。
  • 特訓レベルが1上がる。
  • 特殊能力レベルが1上がる。

となっています。

 

コラボ発生は球場飯のレア度が高いほど発生しやすくなります。

 

そしてコラボ発生には

成功大成功

の2種類があります。

 

成功か大成功かでコラボ発生時の効果も違います。

 

コラボ成功

経験値が1500増えます。

 

コラボ大成功

特訓レベルか特殊能力レベルが上がります。

 

コラボ発生についての注意

コラボ大成功は各選手1回までしかできません。

 

大成功したら、他の選手を新しくコラボ選手として選びましょう。

 

 

もし特訓レベルや特殊能力レベルがMAXの選手が大成功したらどうなるの?

 

それぞれのレベルがMAXの状態でコラボ発生が起きた場合は

  • 選手レベルMAX→ストック経験値が1000増える。
  • 特訓レベルMAX→B〜Sランクの特訓コーチのいずれか1つがもらえる。
  • 特殊能力レベルMAX→いずれかの試練アイテムがもらえる。

というふうになります。

 

特訓レベルや特殊能力レベルがMAXの選手に、コラボ大成功させるメリットはあまりありません。

 

しかし、選手レベルがMAXの選手でも、特訓レベルや特殊能力レベルを上げたいケースは多いと思います。

 

そんな時にコラボ成功が発生してもストック経験値が貯まるのは嬉しいですね!

 

どんな選手をコラボ選手にすべきか?

  • 選手レベルが上がりきっていない、将来オーダーに入れようとしている選手
  • 選手レベルはMAXだが特訓レベルや特殊能力レベルを上げたい選手

の2つのパターンで良いと思います。

 

ちなみにコラボ大成功してしまった選手でも、コラボ成功によってストック経験値は手に入れることができます。

 

初心者の人でまだ選手がそろっていないうちは、イベントが終わりきる前にSランク選手を全て大成功させてしまうケースも多いと思います。

 

そんな時はテキトウにコラボ選手を選ぶのでなく、大成功したSランク選手をもう1度コラボ選手にしてストック経験値を狙っていきましょう!

 

球場飯はエナジーを使って走るべきか?

自操作が重要なイベントなので、時間がある人は走る価値のあるイベントだと思います!

 

育成中の選手をコラボ選手にすればガンガンレベルが上がりますし、レベルMAXの選手を設定した時はレベルが上がらない代わりにストック経験値が貯まります。

 

おまけに試合での貰える経験値もあり、特訓レベルや特殊能力も上がる育成に長けた素晴らしいイベントでしょう!

 

ただ育成したい選手がいない時や、無課金の人はそこまで無理する必要は無いと思います。

 

まとめ

自操作が苦手な人や忙しくてあまり時間の取れない人は累計報酬で撤退でいいと思います。

 

個人的には良い好きなイベントの内の1つです。

 

ただこの後も目玉のガチャが続いていくと思いますし、エナジーを少しでも温存するのも手ですね!

コメント