東京ドーム 指定席Dは安いわりに良い席だった【見え方の写真あり】

ジャイアンツの本拠地東京ドーム。

 

この東京ドームで

 

とにかく安く野球を観たい!

 

となると候補に挙がるのが

指定席D 

ではないでしょうか。

 

値段は安いけど、試合なんかほとんど見えないんじゃないの?

 

という疑問にお答えすべき観戦してみた結果、

これがなかなか良い席でした!

スポンサーリンク

東京ドーム指定席Dは安い割りに良い席だった

指定席Dの価格

まず価格ですがなんと1700円

これは安いですね!

 

東京ドームの他の安めの席と比べてみると

  • 立ち見       1000円
  • 外野指定席見切り席 1500円
  • 指定席D       1700円
  • 外野指定席       2200円
  • 指定席C       2400円
  • 指定席FC       2600円

こんな感じです。

 

立ち見は座席に座れませんし、場所取りも大変です。

外野指定席見切り席は、柱などが邪魔で試合がかなり見えにくいことを考えると、

実質1番安く普通に野球を見られるのは、指定席Dということになりますね!

 

指定席Dの場所

写真の2階席の赤色で囲まれたエリアになります。こちらは1塁側になります。

 

こちらは3塁側です。

 

この写真からも分かる通り、指定席Dはグラウンドや選手から最も離れた席という事になります。

ちなみに指定席Dの隣で内野寄りにあるのが指定席C、そして前方にあるのが指定席FCとなっています。

 

指定席Dからの見え方

こちらが3塁側の指定席Dからの見え方になります。

 

確かに選手からは少し遠いかなとは思いますが‥

 

意外とここからでも見えますよ!

 

さすがに選手の表情までは分かりませんし、プレーの迫力も十分でないかもしれません。

しかし、打球が見えなくなるような事もないですし、選手全体の動きが把握できて、存分に試合を堪能することができます。

 

1階席と比べてどう?

やはりグラウンドまで遠い分、プレーの迫力などはどうしても劣ってしまいます。

選手の顔やプレーを近くで見たければ1階席を選ぶ方がいいでしょう。

 

ただ1階席は

値段が高いです‥

 

指定席AやSといった辺りと比べてみると

  • 指定席S 6200円
  • 指定席A 5400円
  • 指定席D 1700円

これだけ差が出てきます。

 

ズバリ指定席Dの魅力とは?

この低価格で野球を生で見られる!

これに尽きると思います。

 

TVだけでは伝わりきらない、球場の臨場感や雰囲気。

それが1700円で味わえるというのが、この席の醍醐味ではないでしょうか!

 

まとめ

試合もちゃんと見られるし、値段も安い。

コストパフォーマンスに非常に優れている席だと言えます。

これなら家族連れで観戦を考えている方などにも気軽にオススメできますね!

 

もし指定席Dが売り切れていた場合には、チケットが手に入りやすく値段もそれなりに安い指定席CやFCも検討してみてください。

東京ドーム 指定席CとFCの違いって何?見え方の比較も紹介!
東京ドームの座席の中でも、リーズナブルな価格の指定席Cと指定席FC。

この2つの席は人気の高いS席やA席に比べると、チケットの購入になれていない人でも手に入れやすいはずです。

しかし
C席とFC席
非常に似た名称の座席ですね...

 

コメント