東京ドーム 指定席CとFCの違いって何?見え方の比較も紹介!

東京ドームの座席の中でも、リーズナブルな価格の指定席Cと指定席FC。

 

この2つの席は人気の高いS席やA席に比べると、チケットの購入になれていない人でも手に入れやすいはずです。

 

しかし

C席FC席

非常に似た名称の座席ですね。

 

東京ドームに行きなれていない人だと

 

どう違うの?

 

という疑問をお持ちの人も多いかと思います。

 

今回はこの2つの座席の位置や見え方を比較してみます!

 

スポンサーリンク

C席とFC席の価格

まず価格を比較してみます。

  • 指定席C 2400円
  • 指定席FC 2600円

 

このように、価格の差は

200円です。

なのでそこまで大きな差ではないですね。

 

C席とFC席の位置

この2つの席は両方とも東京ドームの2階席に位置します。

 

こちらは3塁側の写真です。

実際の席の位置がこんな感じになります。

 

つまり2階席で1番外野よりで、1番高い位置にあり、グラウンドから1番距離があるのが指定席D。

 

指定席Dよりも内野よりにあるのが

指定席C

 

指定席Cよりも前方にあり、グラウンドに少し近いのが

指定席FC

 

わかりやすく言うとこんな感じです。

 

見え方の比較

では実際に座ってみた時の見え方の比較をしてみましょう。

 

指定席Cからの見え方

こちらが指定席Cからの眺めになります。

座席番号は208番でした。

 

指定席FCからの見え方

こちらが指定席FCからの眺めになります。

座席番号は201番なのでC席に座った208番からそのまま下に降りた位置に近いです。

 

C席に比べると選手が少しだけ近くに感じられます。

 

どちらがオススメか?

C席とFC席は外野よりからネット裏までとエリアが広いので、座る場所によって見え方が変わってきます。

 

ですが、両方の席に共通するのはやはり1階席に比べると、選手はかなり遠くに感じてしまいます。

2階席の段階で選手を近くで見るというのは難しいでしょう。

 

ですがその分、C席とFC席は上からグラウンド全体を見渡せるので、野手全体の動きを瞬時に把握できるメリットもあります。

 

その中でも、より上から全体の動きを見たいのであればC席を。

 

遠いなりにも、なるべく選手を近くに感じたければFC席を購入するのがいいでしょう。

 

個人的には200円の差であるならば

FC席を選びます!

 

まとめ

選手からは少し遠くなってしまう2階席ですが、1階席に比べて値段がかなり安いのは魅力的ですね。

 

それに遠いと言っても全く見えないわけではありません。

 

初めて野球観戦に行く人であれば

 

あれ?思ったよりも選手が見えるな!

 

なんて感じる人も多いはずです。

 

野球観戦の入り口としてはC席とFC席は非常にオススメです!

チケットが売り切れていた場合はこちらも参考にしてみてください!

チケット転売サイトおすすめは?違法にならない使い方は?
「どうしても行きたいライブがあるんだけど、チケットが取れなかったー!」
「急に休みが取れたので野球の試合を見に行きたいなー!」
「楽しみにしてたチケットだけど、仕事が入って行けなくなっちゃったー!」

みなさんもこんな時ってあります...

コメント